--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月02日 (月) | Edit |

瞳の中の訪問者

7andy_d0028439.jpeg

原作:手塚治虫「ブラックジャック」~春一番~

監督:大林宣彦 脚本:ジェームス三木

キャスト:片平なぎさ、峰岸徹、志穂美悦子、山本伸吾、千葉真一、檀ふみ、月丘夢路、長門裕之、ゴダイゴ他

制作:ホリ企画制作配給:東宝

ソフト化:DVD 検索は右側のAmazonから→

アイドル・片平なぎさの初主演作品。併映作は花の高三トリオの卒業コンサートを記録したドキュメンタリー『昌子・淳子・百恵 涙の卒業式―出発(たびだち)―』であった。

【コメント】

この映画の原作は手塚治虫の『ブラックジャック』の中の「春一番」というエピソードであるが映画としての主役はこのエピソードに出てくる患者・千晶であり、ブラックジャックは脇役という設定で登場回数も少なめとなっている。

その為か宍戸錠扮するブラックジャックの特殊メイクはちょっと行き過ぎ?とも思われるものであった。

手塚治虫は「こんな人間がどこにいる!」と苦情を叫んだという。ドラマで放送された加山雄三版の方がよほどマシだった(笑)

当時のポスターを見ると「片平なぎさ第一回主演」と前書きがあった。当然第二回もあるだろうと思って調べたが残念なことに第二回はなかった。

実は「ハウス」のヒットで一躍有名になった大林監督の次回作であるが、当作品は残念な結果に終わってしまったという話。

今見ても納得いくかもしれない(苦笑)あのブラックジャックは酷すぎ??(笑)

テーマ:昔の映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。